特集1

「魚を浮かせる!?」ATD

……平川選手は語る

 

 皆様ご承知のように7月10日、桧原湖で行われたW.B.S.トーナメントシリーズ第三戦において、DAIWAチームの平川皓也選手は鯉川健一選手と組んで、1730gのビッグフィッシュを含む4420gを持ち込み、みごとに優勝しました。平川選手は昨年の桧原湖戦も優勝しており二連勝! まさに桧原湖マイスターと呼ぶに相応しい快挙です。

 その戦いぶりに関してはW.B.S.の速報やご本人のブログ(http://charbow519.hatenablog.com/)にも詳述されていますので、ここで繰り返すのは控えますが、その文中でとくに目を引いた表現がありました。

 それは

 

「ATD(オートマチックドラグシステム)は魚を浮かせるドラグ」

 

というもの。

なかなかいい得て妙です。これだけの語彙力を持ったバスアングラーもいませんよ。

 というわけで今回はご本人に「魚を疲れさせるドラグ」に関して、突っ込んで取材をさせてもらいました。

 

その前に、ちょっと解説を。

 

 「魚を浮かせるドラグ」といわれて、感覚的には理解できますが、やっぱり実際に試合で魚とやりとりした人にしか分からない世界があるはずです。遊びではありません。試合で機能するということが肝心なのです。競技での一尾は、バレてもヘラヘラ笑っていられるプライベートの一尾とは価値が違います。それだけドラグに要求される能力は切実なのです。

 この時期の桧原湖の釣りは3lb基準のライトラインのキャロがメインになります。2lbのリーダーを使う人もいます。そして魚はボート際で激しく突っ込みます。当然、ドラグが優れていなければ釣りになりません。いままで、何尾の魚がドラグのせいで逃げて行ったことか。

 以前はハンドルを逆転させて指でコントロールするのが流行りました。しかし、魚の引きに追随してドラグが効いてくれればその必要はありません。まさにATDはそんなドラグなのです。

2016.7.22.1.jpg2016.7.22.1-2.jpg

「魚を浮かせる」ATDを駆使して、ナイスキーパーを確保した平川選手(前)。(PHOT:W.B.S.)

 

 ここからは平川選手の語りです。

 「ATDを使い始めてまだ日が浅いのですが、だんだんその凄みがわかってきました。なんというか、魚の引きに応じてリニアに効いてくれるんです。魚が掛かって引いている時にハンドルを回しても効きが強まります。オオーッ! と感動します。

 急激に突っ込まれた時にどう作用するのか若干不安でしたので、私はやや弱めに設定していましたが、それでもボート際での突っ込みに対して、グッーっと負荷が強まります。魚が突っ込む距離が短くなったという確かな印象があります。

 魚の身になって考えてみましょう。最初、逃げようとして軽く泳いだら、ドラグの抵抗は大したことはない。それじゃパワーアップして逃げようと力一杯泳いだら、グーンと抵抗が増える。なんだこれ? と思ったことでしょう。つまり、魚を疲れさせる、魚が嫌がる。それがATDなのです。ですから、ファイトの時間も短くなったような気がします。それは取り込み時のリスク軽減を意味します。まさに桧原湖の釣りには欠かせない機能ですね」

 

 平川選手は一気にこう語ってくれました。

 シンカーとのジョイント部にはヘラ用のクッションゴムを使うなど、ライトラインの釣りには人一倍気を遣う平川選手らしいコメントといえましょう。

 相手が嫌がることをするのは勝負の鉄則。魚にナメラれずに手擦らせるATDはズバリ、勝つための機能なのです。

 

 とATDを評価してくれた平川選手。もちろん、このアドバンテージは桧原湖だけに有効なわけではありません。ライトラインを使ったフィネスな釣りがキモのリザーバー、ナチュラルレイク、野池などすべてのフィールドに威力を発揮します。みなさんもぜひ、このドラグのリニア感を体感していただきたいと思います。

2016.7.22.2.jpg

「ATD、フィネスティップ、そしてクロノスが優勝の決め手」と平川選手は語っていました(PHOT:W.B.S.)

 

 また、平川選手はロッドの機能、とくにブラックレーベルのFT(フィネスティップ)にも言及してくれました。

 「この調子に関しても使っていくうちに次第にその凄みが分かってきました。驚くほど根掛かりしないんです。ソフトなティップのおかげでシンカーがボトムの凹凸を忠実にトレースしてくれる。跳ねないんです。通常のティップだとシンカーをスイミングさせるとスタックすることが多いんですが、FTはそれが非常に少ない。これもシンカーがリニアに動いてくれるからでしょうね。

 飲まれることも少なくなりました。硬いティップだとシンカーがスタックして外れた時に、プンと跳ねます。ラインスラックが出来ますからそこで喰ってくると飲まれることが多い。その点、FTは跳ねないのでラインテンションがなくなりません。だから飲まれないんだと思います。今回の試合でベースとなるキーパーを確保できたのは、この機能のおかげだといっても過言ではありませんね」

 最後に平川選手はビッグフィッシュを獲ったクロノスのハイエンド機種にも負けない性能を持ったコストパフォーマンスの高さも強調してくれました。

 W.B.S.も残り2戦。A.O.Y.のチャンスも十分ある平川選手、今後の活躍にぜひご注目を!!

 

タックル1

Rod:クロノス661MB

Reel:アルファスSV105SH

Lure:4インチ高比重ワーム

Rig:ノーシンカーリグ

Line:スティーズフロロタイプモンスター14lb

 

タックル2

Rod: ブラックレーベルFT(フィネスティップ)762ULXS

Reel:イグニス タイプR 2505H

Lure:スキニーカーリー3.5 グリーンパンプキン

Rig:バザーズワームシンカーTGバレットタイプ3.5g

ライトキャロライナリグ

Line:スティーズフロロタイプフィネス3lb

 

タックル3

Rod:ブラックレーベル FT(フィネスティップ)762ULXS

Reel:EM MS2506H

Lure:スキニーカーリー3.5グリーンパンプキン

Rig:バザーズワームシンカーTGラウンドタイプ2.6g

ライトキャロライナリグ

Line: スティーズフロロタイプフィネス3lb

2016.7.22.3.jpg

桧原湖の釣りを極めたタックルシステム。それぞれの持ち味を生かした釣りが優勝の二文字につながりました(PHOT:W.B.S.)

 

 

特集2

三村和弘の関西便り

ズバリ! おすすめします。

スティーズSVTW。 ジリオンSVTW

 

皆さんこんにちは。スピナベ馬鹿一代三村和弘です。

関西ビッグレイクはもちろん、奈良県のリザーバーでもええバス狙ってまっせ~。

 

そうです。関西ビッグレイクとリザーバー、全く違うシチュエーションです。

大きな大きな、ビッグレイクです。当然、タックルは選ばんとあきまへん。

大遠投が基本です。誰よりも飛ばしたいんです。

追い風はもちろん、向かい風でもバックラッシュなんてアキマセン。

 

もう皆さんのお手元に(笑)そうですね。SVスプールすごいですね。

まさにトラブルレス。釣りのリズムが全く崩れません。

だから、普通に釣果も伸びるんですわ。

バカイチ的にはスティーズSVTWはもちろんジリオンSVTWがおすすめです。

 

一方、リザーバーなんてオーバーハングがあっちこっちあって大変ですわ。

でもこのオーバーハングにルアーを優しく優しくぶち込むんも

SVスプールは問題なくキャストできますよ。

TWもラインテンションが軽減され、そこに貢献しているんでしょうかね。

2016.7.22.4.jpg

こんなオーバーハングもSVスプールなら問題ありません

 

オーバーハングにキャストするときはリールのメカニカルブレーキはそのままで

マグダイヤルをMAXに閉めるだけ。

あなたも思うようにスキッピングできますよ。

 

あー、そうそう、おまじないがあるんです。

 

こー唱えるんですわ。

 

「俺は並木だ、世界の並木だ。」

 

間違いなく、世界レベルのキャスト出来ますよ。

 

まぁ、1回使ってもらうんがええんやけどな~。

 

おすすめします。

スティーズSVTW。 ジリオンSVTW.

2016.7.22.5.jpg

おすすめします。

スティーズSVTW。 ジリオンSVTW.

2016.7.22.6.jpg

こんなエエ魚が釣れまっセ

 

 

特集3

やぐっちゃんの

Fish this moment 2016

 

「泳げる霞ケ浦フェス」

 

皆さんこんにちは!やぐっちゃんのFish this momentです!

 

さて、7/18(月)海の日は毎年恒例でもあります泳げる霞ケ浦市民フェスティバルでした!

今夏で21回目の開催で歴史のあるイベントです。

 

2016.7.22.7.jpg

さまざまな企画が用意されていたこのイベントでした

 

飲食ブースの他にキャスティングゲームや様々なブースが出展されていました。

やぐっちゃんも少しキャスティングゲームにお邪魔させていただきました!

小さな子供から大人まで参加していて釣りの魅力を少しでも発信出来たのではないのかな?と思います。

釣りの楽しさを次世代に伝えるのも大切な仕事ですからね!キッパリ

天気もよく、ご来場いただいたお客様の沢山の笑顔を見ることができました!

霞ヶ浦の魅力を感じながら、楽しい時間を過ごしていただけたのではないでしょうか。

2016.7.22.8.jpg

こちらはキャスティングゲーム。子供たちも大いに盛り上がっていましたな

特集1

泉和摩、マイフェーバリット・ディープクランキング

 

●ポストスポーニングにおけるディープクランキング

 6月3日から5日までの三日間、愛媛県の野村ダムで開催されたJBトップ50第二戦は、DAIWAチームの泉和摩プロにとっては大外しした思い出したくもない試合だろう。しかし、実をいうとその試合は、泉プロにとって戦略的にはど真ん中を射抜いた勝ち負けに直結するきわどいものだった。

 ご存知のように優勝者のゲームは下流域のミドルからディープレンジのキャロ。有力選手が鎬を削る最上流バトルを横目に見て我が道を行く水際立ったものだった。実は泉プロもこのエリア、というより水深に着目しており5メーターラインのディープクランキングを軸に戦いに挑んだ。プラでは「ビッグサイズがボコボコに釣れた」ものの、試合に入ってからは条件の変化で結果が伴わなかった。しかしエリアと水深に関しては正解だったといえる。それにしても今の時代に日本でディープクランキングをメインパターンに採用するプロも珍しい。

 だが、これも百戦錬磨の泉プロにとっては何ら特別な釣りではなく「ポストの魚は夏に向ってディープエリアに移動するもの。それをクランクベイトで釣るのは至極当たり前です」と解説する。「大きい魚ほどクランクベイトに反応してくるので、ビッグウェイトが期待できます」……つまり、あの試合に於いては極めてストロングなパターンだったのだ。

 ちなみに産卵後の魚を「アフター」という人がいるが、本場では「ポスト」という。「プリスポーン」に対しての「ポストスポーン」だ。「アフター」が正しければ「ビフォア」もアリだろうが、それはいわない。

 そんなことはともかく、その野村ダム戦をディープクランクで戦う上で泉プロを強気にさせたロッドがあった。それは……STZ 731MRB-LM スカイホークだ。

2016.7.8.1.JPG

「これほどスカッとするディープクランキングロッドはなかったですよ」とHMKL事務所でスカイホークを手にする泉プロ。ちなみに左手に持つルアーはTDスーパークランク

 

 

●理想のディープクランキングロッド

 「このロッドが届いて、開封して手に取った瞬間『これだ!』と思いました。ディープクランキングのイメージが具体的に湧いてきたんです。それほど衝撃的でした」

 前述のようにディープクランキングをメインパターンにしていた泉プロは、野村ダム戦にこのロッドをエースとして持って行った。

 泉プロは語る。

 「クランキングロッド、とくにディープクランキングに使うロッドには特別の調子が求められます。一番は飛距離。飛ばないと釣りたいレンジにルアーが届かないので話になりません。とにかく飛ぶことが第一です。そのためには独特の調子が求められます。ルアーの重さを背負ってくれる調子ですね。試合ではディープクランクを延々と投げ続けるわけですから、ストレスなく投げられる調子は絶対に重要です。アメリカ人みたいに、太くて重いロッドを振り回すわけにはいきませんからね。

でも、フッキングの際にはある程度の硬さ、バットパワーが必要です。リップの抵抗が大きいディープクランクですから、ロッドがしなやかだとアワセ切れません。それでバラすことが多いのも事実です」

 飛ばすためにはルアーの重さを背負う調子が必要。しかしフッキングにはしっかりしたバットが要求される。つまりは飛ばせる調子と掛けられる剛さ。ディープクランクの釣りに要求されるロッドには、すでにこの時点で矛盾がある。

 

 さらに泉プロは続ける。

 「でも、掛けてからは首を振られてバレルる危険性がありますから、魚をいなす柔らかさがなければいけない。つまり掛けるまではパワーが必要で掛けてからはしなやかさが必要なんです。その辺が難しくて私にとっていままで理想的なディープクランキングロッドがなかったんです。そこに出現したのがスカイホークだったのです。しかも軽い! これも革命的です。だから投げ続けることができる。要するに張りがあって、しなやかで軽い。そんな要素を兼ね備えたロッド、それがスカイホークだといえます。理想のディープクランキングロッドです。こうしたロッドが生まれたのは、素材とテクノロジーの勝利といえますね」

 泉プロは「こんなにスカッとしたクランキングロッドは初めてだ」とも追加してくれた。いまでこそアメリカで戦う日本人は珍しくないが、泉プロはその点では先駆け。だから釣りに関しての引き出しの数も多く、他の選手があまり手掛けないディープクランクの釣りも当たり前のようにこなすのだろう。同プロのキャリアには特別の重さがある。

 そういえば先日、30周年を迎えたBASSER誌で、泉プロのハンクル・ポップRが本場でも高い評価をうけていたとの記事があった。さすがである。

2016.7.8.2.jpg

BASSER誌の30周年記念号で紹介されたハンクル・ポップR。こういう人材を擁しているDAIWAチームの層の厚さは驚異的である

 

●ディープクランキング・ベーシックメソッド

 というわけでスカイホークのポテンシャルの高さを余すところなく語ってくれた泉プロだが、ついでにディープクランキングのキモを解説していただいた。

 

 「これからの時期はディープクランキングが効果的です。一番大事なことは地形を読むこと。水深は5メーターが基準ですが、その辺のフラットに近いボトムが狙い目です。岬の張り出しとか水中島などですね。ベイトが居れば最高です。

 一発では喰いませんから何度でも通す。角度やスピードを変えてね。目の前を通ったらパクッと来ることもありますから。カラーチェンジも必要です。ワームの釣りのようにねちっこく釣らないとダメです。

 中層で喰ってくることもあります。泳ぎ出しやピックアップで喰ってくる。この辺はワームの釣りでは絶対にとれないバイトです。

 というわけでこれからの時期、ディープクランキングは有効な釣り方で、時と場合によってはボコボコに釣れますから、スカイホークのようなロッドで皆さんにも楽しんでいただきたいですね。補足ですがこのロッド、スピナーベイトのような巻き抵抗の大きいルアーにも向いていますので通年使っていただけるでしょう」

 

 とまとめてくれた泉さん。次のトップ50ではぜひとも活躍していただきたい。

2016.7.8.3.jpg

張りがあってしなやかで軽い、それがスカイホーク。ディープクランキングはメジャーな釣りとはいえないが、それだけに一発大仕事をやってのける可能性を秘めている

 

2016.7.8.4.jpg

ちなみに、泉さんがK4ミノー専用に使っているのがTDバトラー・ブラックレディー(写真は、プロト品) 。20年前の作品だ。「13.5gのミノーを飛ばすにはこのロッドしかありません。投げやすく、10メーター潜らせてもアワセが効く。K4にはこのロッドがベストです」。

スカイホークはこういう名作を作って来た歴史と伝統が生み出したともいえよう

 

特集2

大谷家の、ちょっと早目の夏休み

 

 埼玉県の大谷裕康さんは大のスティーズファン。歴代の作品を30セットも持っているという、まさにフリーク。そんな大谷さんの休日は決まって釣り。でも、誰かさんのように家族を放っておいての釣行ではありません。必ず奥さんと二人のお嬢さんと一緒です。

 いつもは近所の野池や管理釣り場ですが、今回はちょっと早目の夏休みということで、河口湖に泊りがけで行って来たようです。目的はもちろん釣り。天気にも恵まれて目一杯楽しんできたそうです。

 というわけで今回は微笑ましさMAXの大谷さんファミリーの河口湖レポートをご紹介いたしましょう。

 

7月2日(日)、 毎年恒例になった埼玉のTOSHIこと、大谷家の河口湖バスフィッシングツアー。 行く前から河口湖のバスを釣りたい!!と、意気込みは最高。ファミリーでバスフィッシングが出来るなんて最高です。

我が家のおチビちゃんたちも私同様ダイワ・STEEZ・OSPが大好きだから将来が楽しみで、これも私の影響が大きいようですねっ。

2016.7.8.5.jpg

最初は「カスタムロッド」で河口湖バスに挑戦

 

天気も最高で娘二人は気合い十分で釣り開始。バスは釣れない状況でしたがブルーギルを釣って興奮していました。

『パパ、きたよ・きたよ・見て見て』とバスじゃなくたって釣れれば楽しいんです。 暑くてだいぶ疲れてきたようですが、バスを釣る!釣るまでやると、諦めないで最高の感度と定評があるSTEEZ キングボルトとキングボルトF specを使いこなして二人共にバスを釣ることが出来ました。

2016.7.8.6.jpg

なんとっ! ロッドはSTEEZ キングボルトとキングボルトF spec! 

2016.7.8.7.jpg

可愛いバスが釣れました。もちろんワームは使っていませんよ

 

 河口湖の可愛いバスを釣った笑顔は宝物です。 そして、河口湖と言えば富士山に行かなきゃ損ですよね。五合目までですが、富士山の大きさにみんなで感動しちゃいました。

ファミリーでバスフィッシングをして富士山を見に行くなんて最高なプラン。クタクタになるまで笑顔一杯で遊んで、夏の思い出の一ページになったのではないでしょうか。

毎年恒例ではありますが、バスフィッシングを通して笑顔が絶えない家族でありたいですねっ。

2016.7.8.8.jpg

やっぱり河口湖に来たからには「世界遺産」を素通りできません


特集3

やぐっちゃんの

Fish this moment 2016

 

ウェアーやグッズに凝りたいゼ

 

皆さんこんにちは!やぐっちゃんのFish this momentです!

いきなりですがやぐっちゃん、何を隠そうダイワLoveなんです!キッパリ

…ってそれは知ってるか! (笑)

なぜこんなお話をしたかと言うと、ダイワのアパレルやグッズが素晴らしいんですよ!

レインウエアやバッグのデザインであったりカラーチョイスが物凄く自分好み!

自分は結構派手目なカラーが好き♪ (人間が地味なので…ズガーン)

と言うかグリーンが好き!

レインウエアも最近買ったショルダーバッグもグリーン!

ショルダーバッグはデザインや使い勝手がいいので普段使いもしてます♪

派手目なカラーだけじゃなくグレー等もあるのでご心配なく♪

ホームページやカタログを見ていただければ、きっと自分好みのウエアーやバッグが見つかると思いますよ!キッパリ

そういうアイテムに囲まれていると、釣りがグーンと楽しくなります。

バスフィッシングのもうひとつの魅力ですね。

さっ、明日も釣りに行くぜ。

 

2016.7.8.9.jpg

やぐっちゃんお気に入りのワンショルダー(ライム)。写真の撮り方がイマイチなのは許して

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11