特集1

オリキン、

悲願の年間チャンピオンに!

 

 前回のこのコラムで予告させていただいたように、9月11日に津久井湖で開催されたH-1グランプリ最終戦はオリキンこと折金一樹選手にとっては文字通り大一番。暫定1位で迎えたこの試合を乗り切り、年間チャンピオンを手中にできるかどうか、という天下分け目の勝負だったわけです。

 111名が参集したこのビッグイベントで津久井湖の観光ボートさんは時ならぬ大混雑。期せずしてこのハードベイト縛りのトーナメントが人気絶頂だということを示していますが、そんな朝、オリキンは緊張度MAXでした。

2016.9.23.1.jpg

大盛り上がりを見せる津久井湖観光さん。H-1グランプは常にこうした熱気の中で行われています

 

 プラではそこそこ釣れていたものの、暫定2位との差はわずか1kgほど。年間トータル重量で争われる年間レースにおいては、決して安全なリードとはいえません。

 試合の詳細に関しましては、ご本人のブログに面白おかしく書かれていますので敢えて触れませんが、苦しかった戦いが臨場感あふれる筆致で描かれております。

http://ameblo.jp/lucky1300/entry-12201149971.html

2016.9.23.2.jpg

帰着時には精根尽き果ててヘロヘロになっていたオリキン。年間チャンピオンという名誉あるタイトルに辿り着く道のりは平たんではありませんでした

2016.9.23.3.jpg

ほとんど全員がロースコアに終わった最終戦。オリキンもシャッドやクランク、メタルジグで拾う釣りを展開せざるをえませんでした

 

 一見シャイのようですが、実は大胆にウケを狙うオリキンは、トレーラーウェイインでも大いに沸かせました。

 最後に登場したオリキンはご存知、河童のコスプレで登場。ステージ前までやってきて観衆の歓呼に手を上げて応えていたものの、検量カードといわれて????。

しばし考えてクルマで着替えたことを思い出しました。検量カードは短パンのポケットの中です。しかしクルマのカギがない。カギは????。 再びしばし考えてボートの中に置いてきたことを思い出しました。

2016.9.23.4.jpg

カッパのコスプレで登場したまではよかったのですが……

 

 結局、走ってボートに戻りカギを取り、クルマに戻って検量カードを持ってくるという、まさに筋書きのないドラマ。その飄々たる「演技」には全員が爆笑でした。

2016.9.23.5.jpg

いろいろあって、やっとオリキンのウェイインショーが始まりました

2016.9.23.6.jpg

トーナメント・スーパーバイザーの鈴木氏からインタビューを受けるオリキン。何故か正座です

 

 

 それはともかく、とにかくオリキンはH-1グランプリの年間チャンピオンになったことも事実。これでハードベイトチャンピオンという栄誉と、アメリカ行というご褒美をゲットしたわけです。参加選手の中には錚々たるメンツもおり、そんな中での1位は実に価値あるもの。ひょっとしたらメジャートーナメントにもヒケをとらないともいえましょう。

 その要因を分析しますと、第一に熱心なプラクティス。魚探やエレキなどの充実した機動力。そして勝てるタックルを適材適所に導入していることといえます。

 いつもこのコラムにタックルがらみの原稿を寄せてくれるオリキンですが、その使い方には常識にとらわれない独自の発想があります。

 というわけで、本格参戦1年目でH-1チャンピオンの栄誉に輝いたオリキン、いまから来年度の活躍が楽しみになります。

 ぬるさの中にもハイレベルな戦いがあるH-1グランプリ。みなさんも来年はチャレンジしてみてはいかがですか?

 

※ちなみに印旛水系で行われている成田エアポートバス・トーナメントでもオリキンは絶好調。リザーバーからスワンプへと舞台を変えて八面六臂の活躍ぶりです

2016.9.23.7.jpg

強豪に混じってのナンバー1は立派のひとこと。ミスターハードベイトの称号をささげたいと思います

 

 

特集2

W.B.S.最終戦終了!

DAIWA勢は三選手がクラシックへ!

 

 9月17、18日の両日、W.B.S.プロトーナメントツアー2016の第五戦、最終戦が行われました。初日は温暖微風、二日目は曇りから強雨という激変する天候に見舞われ、コンディションは難解を極めた中、25チーム50名のアングラーは懸命な闘いを見せました。

 DAIWA勢もよく健闘し、赤羽修弥が7位、橋本卓哉が9位、平川皓也が18位でフィニッシュ。

 この結果、草深選手が年間3位、平川選手が9位、橋本選手が15位で10月15,16日に行われるクラシックへと駒を進めました。

 今年は欲求不満気味だったDAIWA勢の成績ですが、クラシックではひと暴れしてほしいところです。

2016.9.23.8.jpg

A.O.Y.を見据えて大勝負に出た草深選手ですが失速。この悔しさはクラシックで晴らしてもらいましょう

2016.9.23.9.jpg

今年はトレーラーのトラブルなど、装備系で悩まされた平川選手ですがよく健闘して年間9位に入りました

2016.9.23.10.jpg

初日にナイスウェイトで会場を沸かせた赤羽選手

2016.9.23.11.jpg

15位というギリギリのランクでクラシックに滑り込んだ橋本選手。らしい結果ですが、この時点では本人も周りも結末は知りませんでした

2016.9.23.12.jpg

クラシックに駒を進めた年間15位までの選手とディフェンディングチャンピオン

 

 

特集3

やぐっちゃんの

Fish this moment 2016

 

超簡単、リールメンテナンス

 

皆さんこんにちは!やぐっちゃんのfish this momentです!

いきなりですが、皆さんリールのメンテナンスしてますかっ!?

おろそかになりがちなリールメンテナンスのポイントを今回はご紹介させていただきます!

SLPワークスの田島さんこと「たじやん」にご教示いただきました!

実はW.B.S.最終戦に土浦新港に出張っていただいた機会を利用してお時間をいただいた、ってワケです。
 

2016.9.23.13.jpg

タジヤンの説明はじつに分かりやすかった!


今回はベイトリールでのメンテナンスになります!

 

たじやん「一般の方は今回教える簡単なメンテナンスをオススメします」

 

まずサイドプレート(ハンドルの付いてない側)をマイナスドライバーで外します。

そうするとサイドプレート側とスプールにベアリングが付いていますので、ベアリングに注油しますがここからがポイント!

スプレータイプで注油の場合は、ティッシュなどにシュッとひと吹きした時にノズルから垂れるオイルを注します!

2016.9.23.14.jpg

ほんの少量だけ注すことが大切だと教わりました

 

ボトルタイプは指に一滴垂らしてそれを少量ベアリングに注油する!

よく言う「一滴」はベアリングには多すぎると言われました。
 

そしてスプールのシャフト、ピニオン側にはグリスを指に付け薄く塗ります。

2016.9.23.15.jpg

こんな感じでシャフトの先端に塗ります

 


たじやん曰く「リールを買った際に入っている取り扱い説明書を読んでいただくと、メンテナンス方法が書いてあるのでそちらもご確認下さい」とのことです!
 

なるほどねぇ~。説明書を見ずにリール使ってることって多々ありますからね。

今一度説明書を読むことも大切ですね!キッパリ

今回のメンテナンスはメカが苦手な方でも簡単に出来る内容ですので、ぜひご自分でチャレンジしてみて下さい!

そして!10月29、30日とBasserオールスタークラシックにてSLPワークスのリールメンテナンスサービスが無料にて受けられます!

当日はメンテナンスだけでなく、オリジナルTシャツやリールカスタムパーツも販売予定ですのでせひ皆さんお立ち寄り下さいね!

 

場所はいつもの「水の郷・さわら」です。よろしく

特集1

待ってました!

ビッグベイトをガンガン投げられる

ブラックレーベルバーサタイル772HXHFB

 


みなさんコンニチワ、折金です。

今回は私が待望していたロッドについてご報告いたします。

 

それは……ブラックレーベルの772HXHFB
 

私が初めてこのロッドを手にした時の印象は、X45と3DXの素材特性を生かしたロスの少ないパワーロッドというものでした。

同クラスのパワーロッドにありがちな持ち重りも少なく、しかもしなやか。これは繊細なキャストフィールが可能なことや、細かなルアーアクションが行えるということ。しかもルアーウェイトの守備範囲も広く、パンチングのような1ozクラスから、抵抗の大きなビッグスプーン、5ozクラスのビッグベイトまで高次元で扱えます。

ハイプレッシャー化した房総リザーバーにおいては、狡猾なビッグバスのスイッチを入れることが難しくなっているといえ、よりサイズの大きい、より波動の強いルアーで局面に合わせ、ルアーをチョイスして狙うことが、打開する一手となることも近年の傾向となっています。

しかしながら、タックルに制約のあるレンタルボートで通常のタックルに加えて、このクラスのロッドを加えるなら、せいぜい一本がいいところ。ずばり、これだけウルトラヘビー級のルアーを多彩にこなせるキャパの広いロッドはありませんでした。そんなところに772HXHFBの登場! 待ってましたというのが本音であったわけです。

2016.9.9.1.jpg

私にとっては待望久しい傑作! 他を出し抜くためにはこうした底知れぬポテンシャルを秘めたウェポンが絶対に必要なのです


正直にいうなら、このロッドで操るルアーは他のタックルで操るルアーよりは釣れる数に限っては、少ないかも知れません。しかし、バスのサイズはもちろん、他を出し抜くルアーの意外性、ハマった時の爆発力等、釣れたときの喜びやその記憶は忘れられることの出来ない一尾となるはずです。

たまには、色々とチャレンジしてみることで、新たな発見や楽しみも広がるはずです!ぜひともお試し下さい!

2016.9.9.2.jpg

ハイプレッシャー化か激しい昨今のリザーバーでは、波動の強いビッグベイトを利しての釣り込みが局面を拓く手。それには772HXHFBは打ってつけのロッドといえます

 

 

H-1グランプリにリーチ!

さあオリキン、最終戦をどう戦う!?

 

 というわけでオリキンの話題が続きますが、9月11日にはH-1グランプリの最終戦が津久井湖で行われます。

ご存知、ハードベイト縛りのバストーナメントH-1クランプリは、それだけでも話題を集めて当然のフォーマットを持ちながら、関東各地のリザーバーや川をレンタルボートでツアーするという、まことに日本的なテイストを備えたイベントといえます。オカッパリが主流の日本のバスフィッシングにおいて、その次にメジャーなのがリザーバーのレンタルボート・フィッシング。そんな状況に見事にミートさせているのがこのイベントで、すでにエントリーでは電話がつながらないほどの人気を確立しています。

そのH-1グランプリで確固たる地位を確保しているのが折金選手。昨年のマスターズを勝って以来、今年は本格参戦。最終戦を前に年間ランキング暫定1位! 来る11日には、年間チャンピオンというビッグタイトルを獲得すべく、千葉から津久井湖まで毎週プラクティスに通っています。

 

折金選手のここまでの成績は

第一戦 4月24日 相模湖 2490gで9位

第二戦 5月29日 亀山湖 2480gで4位

第三戦 6月26日 牛久沼 169gで19位

第四戦 7月24日 新利根川2330gで5位 

 

と、まさに堂々の安定ぶり。この調子で最終戦も乗り切ってほしいところですが、相手も強豪ぞろい。それだけに戦い甲斐があるというものですが、DAIWAタックルのアドバンテージを生かして、ぜひとも大輪の花を咲かせてほしいものです。

皆さんも9月11日のH-1グランプリ最終戦にご注目を!

2016.9.9.3.jpg

昨年のマスターズ優勝の瞬間。今年は年間チャンピオンを獲得するのか! 心から声援を送りたい

 

 

 

特集2

やぐっちゃんのFish This Moment!

今の霞ヶ浦でドはまりの釣り…それは!?

 

皆さんこんにちは!

やぐっちゃんのfish this momentです!

8月後半は台風に次ぐ台風でした。皆さんの地域は大丈夫でしたでしょうか?

霞ヶ浦も台風の影響で水位が30センチほど上昇しました。

現在は落ち着いていますが、ここ数日は水位が1日単位で変わっていきます。

昨日は平水だったのに今日は減水している!なんてこともしばしば

そんな時は常陸利根川の水門操作情報 http://www.ktr.mlit.go.jp/kasumi/kasumi00021.html

にてチェック!

水門操作が事前に分かれば戦略も立てやすくなるコト間違いなしです!

そうそう、最近の霞ヶ浦は水位が安定しないせいか、魚はストラクチャーにタイトに付くというよりは散っている感じがあります。

ワームでスローにでも釣れますが、先日は夕方のクランクベイトオンリーで30匹近く釣りましたよ!

これってすごくないですか?

気になるサイズは20センチ代から30後半まで

シャッドを投げたり色々試しましたが、

スモールクランクをスピニングでやる!ってのがキーですね!キッパリ

ベイトだと竿が硬すぎるのかオラオラ巻き?になるので、バイトしてもなかなか食わせきれない感じがしました。

そこでスピニングタックルでクランキングしてみたらどハマりしました!

ギア比が低いのでよりスローに巻けますし、新たな釣りの引き出しが増えた予感!?

水温もまだ30°C近くあるので、暑さでバテているバスもこのスピニングのスモールクランキングには一発で食ってきますね!ビシッ。みなさんもお試しを!

2016.9.9.4.jpg

夕方だけでこのサイズが30本! すごいと思いませんか?

2016.9.9.5.jpg

スピニングタックルでのスモールクランキング、いまの霞ヶ浦でドハマリの釣りです。ピシッ

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11