特集1

清水盛三がエリートで信頼した

STEEZ  A  TW

 

 17年間にわたるアメリカのトーナメント生活に今年で区切りを付けた清水盛三プロ。日本に帰国した現在は、とりあえずゆっくりと身体を休めて鋭気を養っているようです。

18.9.14.1.jpg

清水プロの引退はアメリカでも大いに惜しまれていました(Photo:B.A.S.S.)

 

 「ホッとしました。肩の荷を降ろしたような感じです。アメリカのトーナメントに出ていた頃は、とくかく成績を出して皆さんの期待に応えたいと必死でしたので、釣れない時は辛い思いもしました。でも期待していただけたことは本当にありがたいと思っています」

 清水プロは現在の心境をこう語ってくれました。

 

 そんな清水プロがアメリカのトーナメントを闘う上で信頼していたタックルが、STEEZ A TW。その理由をこう語ってくれました。

 「向こうはどうしてもパワーフィッシング主体になります。だからベイトキャスティングリールの出番が増えます。そうなると一番に求められるのがハードな使用における耐久性です。機能性は当然ですが、それよりも耐久性です。簡単にいうと、壊れないのが一番なのです。現場でのトラブルは絶対に避けなければなりません。その点、STEEZ A TWはタフで信頼性は十分でした。

shimizu_image.jpg18.9.14.7.jpg

 

 私はこのリールを3年半使いました。アメリカのトーナメントは過酷です。そんな中で、初期段階の性能が長く持続してくれるのは何より有難かった。リールというものは使っているうちにどうしても多少のガタが出るものです。ですがSTEEZ A TWはそれがとても少ない。

 B.A.S.S.のエリートでは決勝まで行くと練習日から7日間連続で釣りをします。ハードな釣りが連日、繰り返されるのです。そんな時にリールのパフォーマンスレベルが下がっては試合になりません。

 とにかく何の不安もなく釣りが出来ることが最大の条件なのです。その点、STEEZ A TWは実に頼りになります。ストレスなく釣りが出来るんです。

 そんな意味では、ここ数年のトーナメントを支えてくれた一つの要因がこのリールだということができます。そのぐらい頼り切っていました」

 こう語ってくれた清水プロ。これからも国内で様々な活動を展開していくようです。STEEZ A TWのポテンシャルも生々しく訴えてくれることでしょう。ぜひ期待したいところです。

 

 

特集2

二人のヒーローが語る

タックルの優越!

 

 この秋のビッグイベントシーズンを前に、バストーナメントもクライマックスを迎えようとしていますが、そんなタイミングで幸先の良い嬉しいニュースが飛び込んできました。W.B.S.の橋本卓哉、そしてH-1グランプリのオリキンこと折金一樹が年間チャンピオンに輝いたのです。

 橋本卓哉プロは大逆転で2度目のA.O.Y.、オリキンに至っては2年連続の快挙です。こちらも大逆転でしたね。

 というわけで今回は二人が栄光を掴んだ過程を、とくにタックルシステムにフォーカスして特集してみました。

 

その1 W.B.S.  A.O.Y. 橋本卓哉プロの場合

18.9.14.2.jpg

胸のすくような逆転劇で橋本プロはA.O.Y.の座を奪取しました

 

 8月25、26の二日間、霞ケ浦で行われたW.B.S.最終戦で橋本プロは4位に入賞し、逆転で2度目のA.O.Y.に輝きました。

 橋本プロは第一戦優勝、第二戦3位と最高のスタートを切りましたが、続く第3戦と第4戦で外して、暫定ランク5位で最終戦を迎えました。

 その初日に5555gを持ち込んで暫定2位に順位を押し上げ、二日目に4255gとまとめてトップに立ち、そのまま逃げきってA.O.Y.の栄冠を奪取したのです。

 

 そんな橋本プロの今年の戦いでメインとなったのが以下のシステム。

ROD: ブラックレーベル+ 661MRB-G

REEL: STEEZ SV-TW 6.3:1SLPワークスチューン

LINE: モンスターブレイブZ 14lb

LURE: スピナーベイト 3/8DW ホワイト系

18.9.14.3.jpg

スピナーベイトを使う上で最高のマネータックルとなっているシステム(手前 Photo:W.B.S.)

 

 第一戦で1925gと1700gというビッグフィッシュを連発させたこのシステムは、スピナーベイトを風上に向かって投げ、追い波に乗せて引いてくるというワザを容易に行わせてくれたようです。

18.9.14.4.jpg

橋本プロは初戦で6kgオーバーのウェイトで優勝して、最高のスタートを切りました(Photo:W.B.S.)

 

 そしてこのシステムは最終戦でも大活躍して、橋本プロのA.O.Y.獲得に大いに貢献しました。初日に入れ替えた魚はすべてこのシステムでスティーズ・スピナーベイトを使って獲ったようです。

 「全体的なバランスが優れているんですが、とくにロッドのバラシにくさ、扱いやすさが最高です。霞ケ浦みたいにタイトにロッドを振らなければならない状況では、長いロッドはむしろ邪魔です。アキュラシーが優先されますからね。その点スピナーベイトに関してのこのロッドのキャスタビリティーは抜群です。ちょっと硬めなんですが、それも自分の釣りにマッチしています」

 と橋本プロは全幅の信頼を寄せているようでした。

 

 第二戦での無風状態でのシャッディングに投入したシステムも印象に残ります。

ROD: STEEZ651MLRB (06ブリッツ)

REEL: SS Air SLPシャッドチューン

LINE: フィネスブレイブZ 10lb

LURE: スティーズシャッド SLP オリジナルカラー

 11時まで2本しか持っていなかった苦しい状況の橋本プロにナイスバスを連発させ、3位に押し上げてくれたシステムです。こちらはルアーのアクションとカラー、そしてリールの性能がキモでした。

 

 それだけではありません。要所要所で導入したテキサスリグのシステム

ROD: STEEZ 7011H/MHFB-SV (17ハリヤー)

REEL: STEEZ SV-TW8.1:1SLPワークスチューン

LINE:  STEEZ フロロ 14lb

 

 そして最終戦でリミットメイクに大貢献したギル系ワームのテキサスリグのシステム

ROD: エアエッジ701MHB-ST

REEL: STEEZ SV-TW 8.1:1SLPワークスチューン

LINE: STEEZ フロロ 14lb

 もそれぞれいい仕事をしてくれたようです。

 

 こうして、タックルのパフォーマンスを最大限に発揮させて橋本プロはW.B.S.のA.O.Y.に輝きました。すべてタックルの特長を完璧に理解して、釣り方に応じたクレバーな使い分けがA.O.Y.というビッグタイトルにつながったといえましょう。

 

その2 衝撃の結末! H-1 グランプリ最終戦のオリキン

18.9.14.9.jpg

18.9.14.5.jpg

前人未到の2連覇! まさに偉業です。 

 

 9月2日に相模湖で行われたH-1 グランプリ最終戦において、オリキンは3260gで優勝。同時に年間チャンピオンの座を逆転で手中にしました。

 暫定4位で最終戦を迎えたオリキン。狙うは2年連続年間チャンピオンしかありません。でも、そうなると優勝はマスト。しかも3kgは釣ってこないと……という厳しい状況でした。

 そこでオリキンが組み立てたプランは1500gフィッシュ×3本というどん欲な数字。プラで導き出した具体的な釣り方は、本湖のワンドの2から4メートルラインでワカサギとリンクしているビッグバスを狙うというものでした。 

試合当日はそういったエリアで、シャッドやマグナムクランクそしてメタルバイブなどを駆使して、オリキンは順調に釣果を重ねていきました。ちなみにオリキンは「後悔したくないから」と全部で13本のタックルをボートに積んで行きました。羽根モノに組んだシステム以外は全部投げたといいます。

 

オリキンは様々なルアーで計6本の魚を釣りましたが、下のシステムで釣った魚が3260gというウィニングウェイトに貢献したようです。

●シャッド用

ROD: ブラックレーベル681ULFS

REEL: セオリー2506H

LINE:PEパフォーマンス0.8号

 

●マグナムクランク用

ROD: エアエッジ 731MHB-G

REEL: STEEZ A TW 1016XH 

LINE: モンスターブレイブZ16lb

 

●メタルバイブ用

ROD: ブラックレーベル+ 681MFB

REEL: SS SV 8.1L

LINE: STEEZ フロロ 10lb

 

このうちグッドサイズはマグナムクランクとサスペンドシャッドで釣れたようですが、タックルに関してオリキンがとくに印象的だったと語っていたのがマグナムクランクに使用したエアエッジ。

「長さと粘りで乗りもいいし、キャストも決まります。抵抗が大きいクランクベイトを使ったんですが、全体でその抵抗を受け止めてくれました。バイトに対しても余裕がありましたし、頼れるロッドだと感じました」

との言葉を残してくれました。

18.9.14.6.jpg

相模湖ダイブの写真を見せてくれたオリキン。疲れているハズですけど相変わらずサービス精神は旺盛です

 

こうして「ここまで完璧にハマッてくれた試合は珍しい」という見事な逆転劇でオリキンは2年連続の年間チャンピオンに輝いたのです。凄腕が集まるH-1グランプリですから、その偉業は推して知るべし。9月2日は全国的にオリキンの凄さを見せつけた一日になったようです。

 

オリキンは試合当日の夜、日相園で開催されたバーベキューに参加。そのまま相模湖泊まり。翌月曜日は釣具店に行ったり、メーカーさんへの挨拶回りを行ったりで、君津の自宅に帰ったのは深夜。取材をさせてもらったのも遅くなった原因の一つですが……。とにかくクタクタのはずでした。

そんなオリキンに

「明日はゆっくり休んでください」と申し上げたら

「いや、亀山ガイドが入っています」

 と軽く流されました。いやー、オリキンはやっぱり超人! 只者ではないということがわかりました。

特集1

夏休みに極めた

ソリッドティップとパワーフィネス

……平川プロの研鑽

 

 DAIWAメンバーの一員、平川皓也プロは現在、所属していたW.B.S.を一時お休みしています。その理由は……霞ケ浦というマッディシャローレイクとは違ったウォーターでの釣りを研究してみたい、というもの。それゆえ現在は千葉県のリザーバーをメインに釣行しています。

 水が綺麗でルアーの動きや魚の反応が目視できるのも勉強になる、と意欲的に通っているようです。

 そんな平川プロにとって、夏休みは絶好のタイミング。

 「集中的に練習できるので、状況も変わらず復習もできます」

 ということで今年は9日間ある夏休みの内、5日間を釣りに費やしました。それ以外の日々は家族サービスに励んだことも念のためにご報告しておきます。

 5日間の内2日は霞ケ浦、1日は野池のオカッパリ、そして2日は千葉のリザーバーに釣行したそうです。

18.8.24.1.jpg

リザーバーでの釣りは平川プロに新しい世界を見せてくれたようです。前方のアングラーにも見覚えがありますね

 

 8月19日午後、霞ケ浦で早朝からボートを出していた平川プロに、夏休みに学んだことを聞いてみました。場所はW.B.S.選手の聖地・阿見のデニーズです。

 

 平川プロはこう切り出しました。

 「リザーバーでの釣りは霞ケ浦では体験できない多くのことを教えてくれました。

 私が極めたと思うことは二つあります。

 ひとつは

ソリッドティップの釣り。

 もう一つは

パワーフィネスの釣りです」

 

 それでは一つ一つ解説していただきましょう。

 

その1 ソリッドティップのアドバンテージ

 

「リザーバーで釣り込んでいくと、ソリッドティップの使い方がより明確に理解できます。向いている点とそうでない点が分かるのです。

 向いていないのは、ブッシュにルアーを入れるような釣りです。こういうシチュエーションでソリッドティップを生かそうとすると、竿先が喰い込んで釣りづらくなります。リザーバーに多く見られる、枝が錯綜しているようなスポットでは、逆にストレスになります。むしろチューブラーの方がいいですね。霞ケ浦で釣りをしていると、こうしたこともなかなか経験できません」

 それではソリッドティップが向いている点はどんなところなのでしょうか。

 「テキサスリグやフットボールジグなどで岩盤を落とし込んでいく時は、ソリッドティップに絶対的なアドバンテージがあります。チューブラーだと、ボトムをダイレクトにトレースできないというか、起伏自体わからないことがあるんです。 

その点、ソリッドティップだと急斜面でもルアーをコントロールしながら落としていくことができる。ティップがルアーの重みを感じてくれるからです。

 こうしたボトムの急斜面は霞ケ浦だと浚渫ぐらいしかないので、気づきにくいことだと思いますが、リザーバーで釣りをしていると自然に体感できることです」

 18.8.24.2.jpg18.8.24.3.jpg

エアエッジ701MH-STで獲った51cmと40cm後半のバス

 

ちなみに平川プロが使用しているソリッドティップのタックルは

ロッド:エアエッジ671MB-ST または 701MHB-ST

リール:タトゥーラ SV TW 7.3R

ライン:スティーズフロロ タイプモンスター14または16lb

 

その2 パワーフィネスの凄み

 

 平川プロがリザーバーの釣りを通して一番衝撃を受けたのは、パワーフィネスの強烈な釣れ方だといいます。もちろん、以前からこの釣りを経験してはいましたが、集中して釣り込むことによって「一層、磨きがかかった」と語っていました。

 「パワーフィネスの釣りは釣れます。本当によく釣れる。釣り自体は難しいんですが、それをこなせば強烈に釣れます。プレッシャーの中でも、他の人が流した後でも釣れる。それはオドロキです。 

難しい点はまず、キャスティング。逆にいえば狙いのスポットにルアーを入れることができれば、釣れる確率はグンと高まります。次に難しいのはスピニングリールでのフルフッキング。ドラグをフルロックして一気にアワセます。

パワーフィネスの釣りは奥が深い。思った以上に深遠な世界です。リザーバーの釣りを通して、私が一番感じているはそこです。ローカルの凄腕アングラーの釣りがわかると、奥深さを垣間見ることができます」

2018.8.24.4.jpg

パワーフィネスならこうした魚も釣れる確率が高まります

 

●画期的! 12ブレイドのライン

 「パワーフィネスとはひとことでいえば、軽いルアーをカバーに入れる釣りなんですが、ベイトフィネスだとラインに不安があるカバーでも、タックルが負けずに釣ることができるんです。

 当然、パワーフィネスに適したタックルというものがあるんですが、強調したいのがライン。私は12ブレイドのPEラインを使っていますが、軽い力でスムースに飛んでくれるのと、適度な重さがあるので枝越しの操作性に優れています。具体的にはフワフワとフケたりしないのです。ラインはパワーフィネスには重要な意味を持っていることは、意外と知られていません」

 さらに霞ケ浦がホームだった平川プロにとって、ミドルレンジでの釣りが多くなるリザーバーは新鮮な世界。ボトムを取ることが基本だっただけに当然といえば当然ですね。

2018.8.24.5.jpg

 パワーフィネスは野池でも絶大な威力を発揮します。ルアーはパワーフィネスシグSS3.5g チラシ

 

 こうしてリザーバーという新世界で研鑽を重ねている平川プロ。

 「ダム湖での大会などがありましたら挑戦してみたいですね」

 と目を輝かせていました。

 

 平川プロのパワーフィネスタックルは

 ロッド:クロノス 6101MHS

  リール:セルテート 2508PE(カルディアLT3000-CXH)

 ライン:ソルティガ12ブレイド3号(直結)

 ルアー:パワーフィネスジグSS  3.5g

 

特集2

佐藤健人プロ、

チャプター徳島年間1位にリーチ!!

 

 前回、このコラムでスティーズ・ポッパー70Fのエキセントリックな使い方を紹介してくれた徳島の新進気鋭アングラー、佐藤健人プロは8月19日に徳島の旧吉野川で行われたチャプター徳島第三戦で6位に入り、これで年間ランクは2位に! 最終戦が大いに期待できる展開となりました。

 といってもこの試合は佐藤選手にとって厳しいものでした。当初は濁りを考慮してスティーズ・カバーチャターを導入していましたが、意外に奏功せず昼までゼロ。

 そこで佐藤選手は今切川の竿抜けポイント、具体的には小さな水門も含めたストラクチャーをすべて撃って回り、4尾のキーパーを獲ったのです。

 リグは主に2種類。

 スティーズスピンフィネスジグ1.8g とネコストレート。

 この2種類で2尾ずつ釣り、3尾2040gというスコアを確保したのです。惜しくも入賞は逃しましたが、苦しい中でもなんとか踏みとどまったことで年間1位の座が見えてきました。9月9日の最終戦が実に楽しみです。

 

 佐藤プロのタックルは

 スティーズスピンフィネスジグ(ボトムで1点シェイク)

 ロッド:エアエッジ 641UL/LS

  リール:スティーズ 2500TYPE 1

 ライン:フィネスブレイブZ 3lb

 

 ネコストレート(スイミング)

 ロッド:STZ 641LXB-ST ハーミット

 リール:T3 Air

 ライン:フィネスブレイブZ 8lb

 フック:スティーズ ワームフックSS G・FN 1番

 18.8.24.6.jpg

 なんとかまとめて6位に入り、最終戦がますます楽しみになった佐藤選手

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
Ultimate

カテゴリ

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
「バスルアー」サイトへ