特集1

泉和摩が教える

ルアー・メンテナンス

 

 各団体のメジャートーナメントもほぼ終わり、いまポストシーズン真っ盛り。といっても元気に釣りに行かれている方も多いと思います。ローカルなイベントも少なくないですね。でも、爆風の寒い日などは無理して出掛けず、一年間頑張ってくれたタックルの整理などに費やすのもクレバーな過ごし方。リールもロッドも、そしてルアーもメンテナンスしてあげてこそ、いい仕事をしてくれるというもの。 

 というわけで今回はルアーのメンテに関して、HMKLの泉和摩氏にお話を伺ってまいりました。それでは泉さんのお話をお聞きください。

 泉です。オフシーズンのルアーメンテに関して簡単に解説させていただきます。あくまでもメンテナンスです。チューニングではありません。ルアーをチューニングなさる方がいらっしゃいますが、どのルアーも出荷段階でほぼ完ぺきに仕上げてありますので、例えば潜らせたいとか泳ぎを早くしたいなどのチューニングはやらない方がいいと申し上げておきます。

 おこなっていいのはトゥルーチュンやサスペンドチューンなどだけですので、ご理解をお願いします。

 で、オフシーズンのルアーメンテですが、やはり1シーズン使ったルアーはどこかしら疲弊します。ですから、適正に直してあげることが大切です。

 具体的にはアイやフックハンガーが曲がったりします。これらは分かりやすいんですが、気がつかないのがアイが持ち上がっていること。釣っているうちに高くなってしまうのです。こうなると泳ぎがまったく違ってしまいますので、直した方がいいでしょう。

 といっても簡単には直りません。ハンダゴテでアイの部分を熱してプラスティックを軟らかくして押せば直ります。

 アイの高さで泳ぎが変わることは以前にも述べましたが、アメリカンルアーで「昔の方が動きが良かった」などという人がいます。そんな場合はほとんどアイの高さが違っているだけのことが多いようです。高さを調整すれば動きは変わります。

 動きを大きくしたければアイを下げて、小さくしたければアイを上げればいいだけの話です。

2016.11.25.1.jpg

アイが持ち上がっている場合は熱して押し込んであげます

 

 スピナーベイトも釣れば釣るほどオリジナルの状態からかけ離れてしまいます。多くはヘッドが伸びて立ち泳ぎ気味になってしまうこと。これだと、バランスが悪くなり横泳ぎしたりする原因になります。出荷段階では角度が付いているのに、釣っているうちに、もしくは根掛かりを外す時に真っ直ぐになってしまうのです。

 これを直すには最初にヘッドに角度を付けます。そしてその分、アッパーアームを上に持ち上げれば、元通りになって立ち泳ぎを軽減することができます。

2016.11.25.2.jpg

釣っていくうちにこのようにヘッドが真っ直ぐになってしまいます

2016.11.25.3.jpg

プライヤーでヘッドに角度をつけてあげます

2016.11.25.4.jpg

次にアッパーアームを上に曲げます。要するにフトコロをもたせるわけです

2016.11.25.5.jpg

これで出荷時の状態に戻りました

 

 これらのメンテだけでルアーは見違えるように働いてくれます。皆さんのタックルボックスをチェックしてみて、このような例がありましたらすぐにチェックです。そうしたら相変わらず一軍で活躍してくれますよ。

 

特集2

八百板浩司氏の個展に、

釣りファンは悶絶

 

 11月15日から20日にかけて、文京区根津のギャラリーで「八百板浩司の世界」と題する個展が開かれました。八百板浩司氏といえば知る人ぞ知る釣魚画家。昔、一世を風靡した「タックルボックス」誌の表紙を描いていた人であります。また過去、DAIWAが刊行していた人気PR誌「ルアーボーイ」のイラストも担当していました。当時の八百板氏は人気絶頂だったので、ギャラもそこそこでした。

 氏は当時から一貫して釣魚、それもルアー・フライの対象魚に特化した作品を描き続け、バスフィッシングが低迷した時期は一時不調に陥ったこともありましたが、我関せず初志を貫徹して自分の仕事にまい進してきました。まさに石の上にも三年。その努力の甲斐もあって、現在再びブレイク中です。

 釣り人にしか描けないリアルな描写は世界中に受けており、いまでは外国での評判の方が高いとか。そんな八百板氏の個展にはW.B.S.の吉田幸二氏も顔を見せ、ご覧のような写真を撮ってくれました。

 タックルやトーナメントなどがもてはやされるバスフィッシングの世界において、こうした優れた芸術が話題に上ることは素晴らしいことだといえます。バスフィッシングのステイタスを高めてくれる要素の一つであることは間違いありません。

 今後の八百板氏の活動に期待しましょう。

 2016.11.25.6.jpg

芸術家の雰囲気が充満している八百板氏です

2016.11.25.7.jpg

いずれも素晴らしい出来栄え。すでに多くの画商が目を付けているとか……(Photo:どちらも吉田幸二氏)

 

特集3

やぐっちゃんの

Fish this moment 2016

 

アメリカントリップの巻 その2

 

みなさんこんにちは!やぐっちゃんのfish this momentです!

前回のアメリカトリップに続きまして今回はカナダトリップ編でございます!

カナダのケベック州ケベックシティに宿を取りましたが、すぐ近くにセントローレンス川があり釣りができそうなのでクルマで20分ほど走り、SAILと言うアウトドアショップに行きました♪ 釣り具だけでなく登山グッズ等もあります。

カナダはサーモン、トラウト系が盛んでバスコーナーは残念ながら少なめでした

店員さんにセントローレンス川について話を聞いたところ、川岸まで道が険しくてオカッパリは厳しいとのこと。

セントローレンスに流れる小さな川だったらバスやホワイトバスが釣れるぞ!と教わりましたのでライセンスを購入!

歩いて20分ほどの小さな川に行き釣りをしましたが、結構流れがありエリア的にもあまりパッとしなく結局ノーフィッシュ・・・そう簡単ではありませんね。

そしてナイアガラの滝をクルマで見に行ったのですが、往復がなんと1800キロ! しかも時間もないのでナイアガラ滞在時間は3時間という弾丸過ぎるツアーです。

ナイアガラの近くにはバスプロショップもあるので行ってきました!

いやぁ、念願のバスプロですよ!

2016.11.25.8.jpg

念願のバスプロショップ。相変わらずデカイです

 

カナダにも数店あるのでアメリカに行きましたらぜひ行ってみてください。

これ釣具屋?って位のでかさです!

こちらはアメリカに近いのでバス用品も豊富で、見たことないシャッドやミノーを中心に買い込みました

帰りのハイウェイでガソリンスタンドに寄ると「ファットナンシー」という名のローカルショップがありました!なんと24時間営業!!アメリカの釣具屋恐るべし!

こちらもやはりサーモン系が豊富で、深夜でしたがお客さんがチラホラ。

ハイウェイには小さなローカルショップが結構ありますのでロコの物が買えるチャンスですね
2016.11.25.9.jpg

こちら、24時間営業の「ファットナンシー」。雰囲気、ありますねー

 


というわけで、すごーくざっくりな説明ですが、海外での釣行はお金では買えない経験であったり学びがあります!

皆さんもぜひチャンスがあればアメリカにチャレンジしてみてください!
 

特集1

お疲れ様でした。

バサー・オールスタークラシック

 

 10月29,30の二日間、水の郷・さわらを起点に開催された今年のバサー・オールスタークラシック。試合そのものも盛り上がりましたが、DAIWAブースも空前の盛況ぶりを見せました。隣接されたSLPもたくさんの人々で賑わっていましたね。

 トーナメントの詳細は次号のBASSERで詳述されると思いますが、DAIWAチームでは「世界の」並木敏成が二日間トータルウェイト5720gでみごと4位入賞。最終日のウェイインではそのパフォーマンスが大いにウケていました。

 これで今年のビッグイベントもほぼ終了。これからはトーナメントはポストシーズンに入りますが、バスフィッシングの興味は別の次元でもたくさんあります。

 アルティメットでも、様々な角度から旬な情報をお届けしてまいりますので、乞うご期待。

 というわけでオールスターに関わった選手の皆さん、DAIWAブースにお運びいただいた皆さん、お疲れ様でした。

2016.11.11.1.jpg

最終日のウェイインは最後から二番目だった並木選手。大いに期待を抱かせましたが、それでも4位入賞は立派といえます

 

 

特集2

草深幸範、

カバーチャターを語る

 

 W.B.S.クラシックで今年の公式トーナメントスケジュールを終えた草深幸範プロ。10月末にはバサー・オールスタークラシックを見学して「これは見るトーナメントではない、出るトーナメントだ」と大いに刺激を受けた様子。来シーズンへのモチベーションもバリバリ上がったと思われますが、そんな同氏が今年もっとも強烈な印象を受けたルアーがあるといいます。それは「スティーズ・カバーチャター」。

 実戦や取材でも数多く投入して数々の実績を残し、本人としてもそのパフォーマンスのほとんどをマスターしたようです。そんなプロから「スティーズ・カバーチャター」を今シーズン使ったインプレッションが届けられましたのでご紹介いたしましょう。

 ちなみにこの「スティーズ・カバーチャター」はいわゆるチャターベイトの仲間ですが、チャターベイトとはジェットスキーや万歩計のように商品名ですので、使い方には注意が必要ですね。

 それでは草深プロのインプレをご紹介いたしましょう。

 「今年一年、このルアーを使いこんできた印象は、とにかく『トータルバランスに優れている』ということです。ガードが付いているのでウィードレス性能があるのは当然ですが、それより全体のセッティングが非常に秀逸だと思うのです。

 具体的にはまずフックです。大きすぎず小さすぎず、ゲーブの広さもちょうどいい。そしてしっかりしたワームキーパーも装備されています。

 薄めのブレードはカリカリ感があって、巻いていてその感触が手元に伝わってきます。

 そうした全てのパーツが合格点以上で、だから釣れるのだと思います。

 とにかくデカイのが釣れるのが魅力ですね。W.B.S.クラシックでも、数多くの選手がこれを使っていました。逆に言えば、数を釣るルアーではないですね。

 とにかくアピール力に優れています。泳ぎも強すぎず弱すぎず、ちょうどクランクベイトとスピナーベイトのいいとこどりのような感じです。

 私の使い方は基本的にタダ巻ですが、かなりゆっくり巻きます。止めると沈むルアーですから、糸フケをとりながらレンジコントロールして巻きます。決してチドラせません。ロッドポジションは最初上で、しだいに下に持ってくる感じですね。

 ロッドはブラックレーベル+の6101MHFB-Gがベストですね。長い方がメンディングもしやすいし有利です。ラインはカバーでの使用も考慮してフロロの16lb。このセッティングで万全です。

 この「スティーズ・カバーチャター」、来シーズンもまだまだ威力を発揮してくれると思いますので、皆さんもぜひ使ってみてください」

 

2016.11.11.2.jpg

ビッグバスが釣れるのが「スティーズ・カバーチャター」の持ち味。これからの季節、ビシビシ投げたいルアーです

 

 

特集3

オリキン、

スティーズフロロに惚れ込む

 

みなさんコンニチワ。オリキンこと折金一樹です。

さて、今回はご報告です。

千葉県印旛沼で開催されているトーナメント、Narita Airport Basser-21(通称NAB)でAOYを獲得しました。
 

2016.11.11.3.jpg

印旛水系の釣りウマが一堂に会するNAB。そのA.O.Y.というタイトルは名誉ザクザクの価値があるのです

 

年間成績トップで迎えた最終戦、一時の釣れる状況は過ぎ去りましたが、まだまだ厳しいといえるほどの状況ではなく、守りきる戦略では逆転される可能性があると判断。攻めて攻めて自力で年間優勝をもぎとれるウェイトを持ってこれるようなプランで挑みました。

結果、最終戦を3位。そして年間レースも後続の猛追をかわし、優勝することができました。
今年は状況に応じた釣りの出し引きができたこと、それぞれに対応したタックルの使い分けができたことが勝因の一つといえます。

中でも大きなアドバンテージをもたらしてくれたのが、スティーズフロロ。とくに印旛沼は近距離のカバーの釣りがほぼメインでありながら、リグやウェイトなどのセレクトにはシビアな一面も持ち合わせています。そこでタックルと同様に重要なのがライン。ただ強いだけでなく、安定した強度を備えていること。そしてワンランク細い番手を選べるラインナップは、より状況やルアーの性質にタイトに合わせられ、ここ一番の紙一重の状況でバスを振り向かせた要因でありました。

加えて、この選択で今年はラインブレイクゼロ。印旛沼はコンディションが良く、筋肉質でパワフルな引きをするバスが多い中で、このことは信頼を寄せる十分な要素でありました。強さを必要とするジグやテキサスのカバーの釣りでは、太めのラインの使用で表示以上の安心感が得られたこと。またライトリグやサイトフィッシングでは細目のラインであっても、気を抜いたら一気にカバーに突っ走られる小場所でもタックルのバットパワーをフルに引き出し、バスを引き離せたことなどは釣果に直結する性能でした。
 

正直、今まで手にしたフロロラインで一番のお気に入りです。ぜひともスティーズフロロをオススメいたします。

16.11.11.4.jpg

今年はスティーズフロロのおかげで、いいバスをたくさん獲ることが出来ました

 

特集4

やぐっちゃんの

Fish this moment 2016

アメリカントリップの巻

みなさんこんにちは!やぐっちゃんのfish this momentです!

皆さんBasserオールスタークラシックは参加されましたか?

やぐっちゃんは今回、オールスタークラシックに参加できなかったんです。実はカナダのケベックに用事がありましてついでにアメリカ、ニューヨークにも行こう!と行って参りました!

アメリカは2013年に宮崎プロがバスマスタークラシックに初出場を決めた年に応援で行った以来でした。

今回の渡米は釣りが目的ではないのでしょげていましたが、調べてみると何やらセントラルパークの池で釣りが出来るではありませんか!

セントラルパークといえば世界最大の公園ですが、その中に池が何個かあります。

ニューヨークのど真ん中でバスフィッシングなんていいじゃないですか!笑

しかも5ポンドクラスのナイスバスも釣れるみたいでテンションも上がって来ましたが残念なオチが・・・
 

2016.11.11.5.jpg

セントラルパークの入り口付近です


なんと、日程的にセントラルパークでの釣りが出来なくなってしまったのです。

やる気満々でしたのでとても悔しいです。NYには郊外に出ると湖も沢山あるのでそちらも楽しそうですね

一応マンハッタン内のスーパー(USのスーパーではよく釣り具が売っています)でライセンスを購入いたしました。日本と違いライセンスはどの州でも必要だと思いますので、渡航の際は事前に調べて購入をオススメします!マンハッタンみたいな都会だとライセンスが買えないなんてこともありますので!

というわけで、やぐっちゃんのNYフィッシングは未遂に終わってしまいました・・・残念!

次回のカナダ編ではついに!あの釣具屋に行きますよっ!

2016.11.11.6.jpg

スーパーで売られている釣具はこんな感じです

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11