文字サイズ
小
中
大
このページを印刷
環境マネジメントシステム
環境経営の推進体制
 環境マネジメントシステムの管理を確実にするために、横断的な会議体として「CSR委員会環境保全分科会」を設置し、毎月1回会議を開催して、年度の環境方針、各部の活動状況の把握、環境法規制等の遵守状況のチェックなどを行っています。
Image
ISO14001認証取得
 2006年から国内本社、営業所で環境マネジメントシステム(EMS)を構築し、2007年に全事業所でISO14001の認証を取得しました。今後とも環境マネジメントシステム体制を強化するために継続的な改善を進め、川上から川下まで影響を及ぼす企業活動に努めてまいります。
環境教育の実施状況
 環境活動を全社的な活動にするため、従業員に環境教育を行なっております。従業員一人ひとりの理解を深め、意識を向上させることで環境マネジメントシステムのレベルを上げるよう、「新入社員教育」、「課長教育」、「係長教育」の階層別のほか、各部門において、教育・訓練が必要な業務を洗出し、その対象者全員に教育・訓練を実施しています。
環境法規制等の管理
 環境法規制については、毎月、新法及び改定等の調査を行い、関連する法規制の要求事項を明確にして対応を行っております。そして環境法令等を遵守するための体制整備をすると共に、迅速な対応が取れるよう努めています。
環境監査
 環境マネジメントシステムを適切に構築し運用するために、内部監査の体制を整備すると共に、ISO審査機関による外部監査と内部監査を年1回実施しています。
 これらの監査の結果、不備が発見された場合は、原因を究明して是正処置を行い、有効性の確認を行った後、予防ならびに再発防止の処置をとるようにしています。