文字サイズ
小
中
大
このページを印刷
株主・投資家の皆様へ~社長のご挨拶
ライフタイム・スポーツを、もっと面白く、より多くの人々へ!

 創業50年を機に次なる半世紀を見据え、2009年、私たちは「グローブライド」としてコーポレートブランドの再構築を図りました。今、世界の多くの国々では、自然志向や健康志向が広がりを見せる中、人々の価値観も多様化の一途をたどっています。こうした時代の要請と真摯に向き合い、結果を競うだけのスポーツではなく、単なる娯楽でもない、人生に豊かな時間を提供する「A Lifetime Sports Company」を自らのアイデンティティに掲げ、自然とスポーツを愛する世界の人々に貢献していくことが最大の使命であることを宣言したのです。以来、グローブライドでは各事業ブランドがこの基本理念の基に、それぞれの領域に特化した活動を展開し、他に例を見ない独自の企業価値の向上に努めています。

 フィッシングブランドの「DAIWA」は、挑戦・独創・革新を象徴するブランドロゴが市場に定着するとともに、デザイン感度の高い新しい顧客層にも視野を広げブランド訴求を進めています。今後は新興国を含めたよりグローバルなステージにおいても、ブランド力の一層の強化を図って参ります。ゴルフ事業においては、確かな品質の下に上質な大人のゴルフを演出する「ONOFF」と、優れた性能と個性で定評ある「FOURTEEN」が、ともに人気ブランドとしての地位を確立しています。テニス、サイクルスポーツといったスポーツ事業も、それぞれのブランドの強みを生かす効果的な戦略で、市場での存在感をさらに高めて参ります。

 こうした取り組みを進めていく上で、私たちが最も重視するのは、従来にない機能や価値を備えた、感動のある商品すなわち「Make it Wow!」を提供していくことです。一流の技術と豊富な経験、飽くなき情熱に裏打ちされた「モノづくりのチカラ」こそ、私たちの最大の強みとなります。また、お客様とのコミュニケーションの強化・充実のために、魅力的な売り場の創造や、心躍るイベントの実施、新鮮な発想に基づく情報発信などを複合的に展開し、自然をフィールドとする Lifetime Sportsファンを広げる活動にも、社員一丸となって注力して参ります。

 さらに、行動規範の柱の一つに掲げた「Be Earth-Friendly」のもと、環境保全活動にも積極的に取り組み、皆様の豊かな人生にさらなる貢献ができるよう前進して参ります。
Photo
グローブライド株式会社
代表取締役社長 岸明彦